ホーム >>株式会社オークファン様

気象庁様

インターネットオークションの落札相場価格をユーザーに提供するという独自のサービスを展開している株式会社オークファン様(以下、オークファン)。こちらの専用サーバーの運用のために、弊社のハウジングサービスを利用していただいております。数あるハウジングサービスの中で、弊社を選んでいただいた理由などについて、オークファンのシステムのインフラ整備や開発をご担当されている開発部の新間様にお話を伺いました。

―御社が提供しているサービスについてご説明いただけますか?
新間様: インターネットオークションで取引されている商品の落札相場価格の情報を提供しています。保有するオークション過去落札データ数は、データカバレッジとして全累計ベースで約10億件、流通総額ベースで約8兆件、検索ログベースで約5億件に及びます。これらを検索できる「オークファン ドットコム(aucfan.com)」は、月間ユニークユーザ500万人、総月間PVは1億以上(PCのみ)という国内唯一・最大かつ、世界でも類を見ないサイトとなっています。最近では相場検索・分析ツール「オークファン プロ(aucfan Pro)」をリリースし、BtoB事業にも注力しています。おかげさまで、ベンチャー通信編集部主催の「ベストベンチャー100」にも、2008年から5年間連続で選出されており、現在は株式上場に向けて準備を進めています。
新間様01

株式会社オークファン
開発部:新間様

-弊社のハウジングサービスを導入された経緯を教えてください。

新間様: 導入は2005年で、当社がまだ別会社の一事業だったころからの長いお付き合いとなっております。当時の担当者の話によると、事業の開始に伴ってサーバーの運用をどうするかという判断があったようです。当社にとってデータは資本そのものですから機密性の高いものです。しかし自社にサーバーを置くデータセンターを抱えるとなると、電源の確保などの物理的な設備投資も含め、事業継続に対するリスクが大きかったため、費用面・安全面を考えて、レンタルサーバー、ハウジングサービス両方の検討を行っていました。

その中でGMOクラウドのハウジングサービスは、他社のサービスがハーフラック単位だったのに対し、1Uから契約できる自由度の高さがありました。当社の場合、スモールスタートな事業だったこともあり、費用を細かく抑えられる点は非常に魅力的でした。これは今も変わらず、画期的なサービスだと思います。さらにGMOクラウドのデータセンターは監視員によるしっかりとした入館管理が行われていました。少ない予算でも、大規模システムと同じ管理運用体制のデータセンターでサービスを受けられ、セキュリティーの面からも安心できるのが決め手となったようです。 その

ほか、データセンターが当社のすぐ近くにあることもメリットでした。サーバーの不具合は、いつ何時起こるかわからないものです。なにかあったときにすぐに駆けつけられる場所にデータセンターがあるのは、やはり安心です。

-導入いただいて8年になりますが、使用感はいかがでしょうか?
新間様01
新間様: お陰様で事業の拡大により、年々増益を積み重ねており、現在は数ラック単位で契約しております。特に大きなトラブルもなく、セキュリティー面を含めて安定した運用を実現できています。サービスを途切れることなく提供できることは、お客さまの信頼に関わることです。当社としては非常に安心感を持って利用しています。

事業の拡大や見直しにあたって、サーバーの増設や解約が必要になったときの対応もスムーズです。以前、BtoBの大きなサービスを立ち上げることになったのですが、そのときはラック単位で増設しました。「今のサーバーのキャパシティでは足りない」となったときに、年次単位というような長いスパンではなく、臨機応変に対応してもらえるのがやはり便利ですね。もちろんコストパフォーマンスを経営陣が天秤にかけて最終的な増設の決定を下していますが、サービスをスピーディにリリースできることが大きなメリットであることは間違いありません。急ピッチに進行したプロジェクトで、サーバーも急増設でしたが、その後大きなトラブルもなく運用できました。
-最後に今後の展望などを聞かせてください。
新間様01

「オークファン」WEBサイト
http://aucfan.com/

新間様: 先の東日本大震災ではさまざまな被害を受けた方がいらっしゃる中、幸いにして当社のデータセンターには被害がなく、大事には至りませんでした。しかし、今後どのような災害が起こるかわかりません。データセンターが壊滅的な被害を受けてしまうと、当社は事業継続が不可能なほどの損失を被ります。そのためのデータの広域分散や負荷分散の必要性を強く感じました。すでに複数のデータセンターによるリスク回避は進めていますが、さらに強化し、盤石な体制を整えていく予定です。

また、事業としてはグローバル展開を進めています。2012年には世界中のオークションサイトとショッピングサイトの中から最安値を一括で検索できる新サービス「グローバルオークファン(Global-aucfan)」のベータ版をリリースし、今後の本格運用を目指しています。ユーザーはこれにより、海外からオークションで入札する際の予算や、その販売による利益をあらかじめ推測することができます。このサービスの本格運用に伴い、データがますますビックデータ化していくため、さらなる施設の増設は間違いないでしょう。当社はデータの機密性を保つ観点から、システム開発は「自前主義」で行なっているので、その開発したシステムの仕様に見合うようなサーバー環境を常に追求しています。今後もクラウドとしての利点と費用面のバランスを見極めつつ、お客さまにとってよりよいサービスを提供できるように、サーバー環境を吟味していきたいと思います。


お忙しいところご協力ありがとうございました。

お客さまプロフィール

お客さま会社名 株式会社オークファン (Aucfan Co.,Ltd.)
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-14-6 住友不動産渋谷ヒューマックスビル6階
事業内容 オークション及び、ショッピング統計・検索サイト運営
Webサイト http://aucfan.com/